VDT症候群に効果のあるサプリのおすすめはこれ!成分重視?コスパ派?売れてるサプリをご紹介

VDT症候群に効果のあるサプリのおすすめはこれ!成分重視?コスパ派?売れてるサプリをご紹介

※最終更新日2017/09/21

VDT症候群に効果的なサプリメントは、アントシアニンとルテインが多く含まれている物をおすすめします。

その理由は以下でも解説していきますが、まずは「VDT症候群とはそもそも何?」と思っているかとこちらの記事を参照してください。

VDT症候群の原因や症状とは?

 

この記事ではVDT症候群の対策や改善に最適なサプリをご紹介します。

 

VDT症候群に効果的な成分2つ

アントシアニン

重要

アントシアニンは疲れ目を回復させる効能があります。

アントシアニンはなぜ疲れ目に効果的なのか?という記事でも解説していますが、アントシアニンはロドプシンというモノを見る上で欠かせない成分の再結合を促してくれる効果があります

ロドプシンが再結合することで、再びスムーズに物を見ることができるようになるのです。

 

ルテイン

重要

ルテインはパソコンやスマホから発生するブルーライトをカットしてくれる働きがあります。

 

ブルーライトは目にダメージを与えるためVDT症候群に発展してしまいます。

VDT症候群の主な原因は、パソコンやスマホなどに依存してしまうことです。

画面を長い時間見続けることで、目の疲れだけにとどまらず肩こりや指先のしびれなど体全体に悪影響をおよぼしてしまいます。

 

その症状までに発展しないために一番初めにやらなければならないことは、パソコンから出ているブルーライトをカットしなければなりません。

だからルテインは必要なのです。

VDT症候群に効果的な成分まとめ

アントシアニン・・・疲れ目回復

ルテイン・・・ブルーライトのカット

 

VDT症候群の症状を改善するために必要なサプリメント選び

VDT症候群の症状を改善するためには上記で説明したアントシアニンとルテインという成分を含んでいるサプリメントを選ぶことが必要となってきます。

さらに、サプリメントを選ぶ上で一番重要だと言っても過言ではないのは毎日続けやすい価格かどうか。ということです。

 

サプリメントは薬ではありませんので、一日飲んだだけで治療効果があるものではありません。

サプリメントは体質改善や健康促進、現在の症状の対策などの目的から、毎日飲み続けることに意味があります。

 

そこでこの記事では VDT症候群の症状を改善するために最適なサプリメントを紹介します。

ここ注目!

最適なサプリメントの定義は

  • アントシアニン含有量
  • ルテイン含有量
  • その上で続けやすい価格かどうか

これらに注目してサプリメントを提案していきます。

 

サプリを選ぶ前に一言だけ言わせてもらいますが、アントシアニンやルテインを含んでいるサプリはいろいろな種類のものがありますが、その中で一番おすすめなのはビルベリーサプリです。

ビルベリーサプリは、アントシアニンやルテインを豊富に含んでいながらも低価格なのでアントシアニンとルテインを摂取するのであればビルベリーサプリを選びましょう。

 

※アントシアニンはビルベリーエキスの中に含まれています。

つまりサプリに含まれているアントシアニンの量は、ビルベリーエキスの含有量が多ければ多いほどアントシアニンがたくさん含まれていることになります。

 

VDT症候群におすすめのサプリ 成分重視で選ぶなら「めなり」

めなりの商品画像

めなりは

  • ビルベリーエキス含有量(アントシアニン) 170mg
  • ルテイン含有量 12mg+2.4 合計14.4mg

となっています。

 

ビルベリーエキスの中にアントシアニンは含まれています。

めなりのビルベリーエキス配合量はビルベリーサプリの中でトップクラスを誇っています。

ブルーライトをカットしてくれるルテインも12mg配合されていて、さらにその効果を後押ししてくれる成分も+2.4mg入っているので実質14.4mgとなります。

これだけの含有量を誇りながら、初回価格980円です。

さらに初回に限り980円で2袋まで購入することができるのでめなりを1000円以下で2ヶ月間試すことができます。

ただし定期便は3000円しますので、一日当たりのコストは大体100円程度かかります。

成分が豊富に含まれているため定期便の価格はやや高めですが、やはり含有量はトップクラスのものを誇っています。

 

⇒めなりを公式サイトで確認する!
 

 

VDT症候群におすすめのサプリ コスパで選ぶなら「リフレのブルーベリー&ルテイン」

リフレのブルーベリー&ルテインの商品画像

リフレのブルーベリー&ルテインは

  • ビルベリーエキス含有量(アントシアニン) 120mg
  • ルテイン含有量 6mg

となっています。

 

めなりと比べてビルベリーエキス含有量が少ないな」と思われた方もいるかもしれません。

実はリフレのブルーベリー&ルテインは、特許技術でビルベリーエキスを加工しているので吸収量が2倍になる加工が施されています。

ですのでリフレのブルーベリー&ルテインのビルベリーエキス含有量は実質240mgとなり、さらに特許技術により他のビルベリーエキスよりも吸収されやすいので非常にコスパの高いビルベリーサプリといえます。

 

ここ注目!

さらに初回購入時は1000円で購入することができます。

先程のめなりは定期便が2980円でしたが、リフレのブルーベリー&ルテインは1500円以下で毎月定期便を受け取ることができます

 

疲れ目に効果のあるアントシアニンだけを見るのであれば、めなりよりもまさっていますが、ルテインの配合量がめなりの半分以下の数値となっているので、成分重視のめなり価格重視のリフレのブルーベリー&ルテインを選ぶかは、ご自身の環境に合ったものを選ぶことが良いでしょう。

 

⇒ブルーベリー&ルテインを公式サイトで見る!
 

直ちに改善したいのであればめなり

めなりの商品画像

今まさに 「VDT症候群が重症化していて、もはやどうにもならない。」と言う方や、「今の仕事環境が毎日パソコンを使って過酷すぎる」と言う方はめなりをおすすめします。

もちろん価格はその分上がりますが、成分の含有量が違うので、あなたの疲れ目やブルーライトのカットに大いに役立つこと間違いなしです。

 

「VDT症候群の症状が少し出ている。対策も兼ねて。」と言うことならリフレのブルーベリー&ルテイン

リフレのブルーベリー&ルテインの商品画像

めなりのように多くのルテインを配合していないので、ブルーライトのカット効果であればめなりの方が上を行きます。

ですが、「今から VDT症候群を徐々に改善していきたい。さらには対策もしていきたい」と考えているのであればリフレのブルーベリー&ルテインをおすすめします

 

その理由は

  • アントシアニンの含有量が特許技術により実質2倍であること
  • 毎月続けやすい価格であること

これらのことが理由として挙げられます。

リフレのブルーベリー&ルテインの口コミを当サイトが独自で集めた記事や、管理人が実際にブルーベリー&ルテインの1ヶ月使ってみてのレビュー記事はこちら

 

VDT症候群におすすめのサプリまとめ

めなりを選ぶかリフレのブルーベリー&ルテインを選ぶかは、あなたの環境や家計に合わせて選びたいところです。

ただ1つ言えることは、ビルベリーサプリは成分の含有量が多く、非常にコスパが高いと言うことです。

ここ注目!

ビルベリーサプリといってもまだまだたくさんの種類がありますので、もう少し他のサプリメントを比較してみたいと言う方は、以下の記事を参考にしてみてください。

当サイトでは様々な種類のビルベリーサプリを見やすく比較してあります。

ぜひご覧ください。

ビルベリーサプリの成分や人気ランキングをガチで比較しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です