目のかすみやぼやけの予防・対策!目の不安はこれで一発解消

目のかすみやぼやけの予防・対策!目の不安はこれで一発解消

目のかすみ・ぼやけに対する予防や対策は非常に簡単です。

少しだけ意識するだけで簡単に行うことができますので、本記事で紹介する方法をめんどくさがらずにやってみてくださいね。

それでは目のかすみやぼやけの予防法を解説します。

目のかすみやぼやけにの原因ついて知りたい方はこちらからご参照ください。

関連記事>>>目のかすみ・ぼやける原因はこんなに!あなたはどんな症状が出てる?

 

パソコンの使用による目のかすみの予防や対策6つ

現在は多くの世帯にパソコンやスマホが普及しています。
スマホに関しては持っていない方のほうが珍しいくらいに発展してきていますね。

注意

ただしスマホやパソコンの画面からはブルーライトという目にダメージを与えてしまう光が発生しています。
それによりパソコンやスマホの使いすぎは VDT症候群という病気を招いてしまう原因にもなります。
関連記事>>>VDT症候群とは?どのような症状が出る目の病気なのか詳しく解説

この項目では「スマホやパソコンを使うことによって引き起こる目のかすみやぼやけ」の6つの予防法について解説します。

1.パソコンを使用しなければならないなら目をガードする

ブルーライトが目に悪い理由」でも説明しましたが、有害なブルーライトによって網膜を傷付けてしまっています。

ですが仕事柄毎日パソコンを使用しないといけない方もおられるでしょう。
そのような方に対して「パソコンは控えましょう」というのは無理な話ですので、少しでもブルーライトの外から目を守るためにブルーライトカットの眼鏡を使用しましょう。

それに加えて、ビルベリーサプリにも含まれているルテインを摂取することでブルーライトから目を守ってくれる働きをします。

ブルーライトカットメガネとルテインのダブルの効果で眼をガードすると良いですね。

 

2.適度な休憩を取り入れる

お仕事中はそう簡単に休憩を取ることはできないかもしれませんが、家でスマホを構っている時であれば自分の思う通りに休憩を取ることができるはず。

スマホを構っていても目に負担がかからない目安の時間としては1時間のうち15分間の休憩が必要です。
休憩の際には、目薬で目の感想を予防したり、ホットアイマスクで血行を促進して、休憩の効果を高めてあげるとより良い休憩が取れるはずです。

血行の促進が効果的な理由

目の周辺の筋肉が緊張し続けると疲れ目を引き起こしてしまいます。
目の周辺を温めることで血行が良くなり、目の周辺の筋肉のコリをほぐしてあげることができます。

 

3.部屋の照明を調整する

室内の照明はやや暗めのほうが好ましいです。

テレビを見るときは部屋を明るく」という文言を見たことがあるかもしれませんので、「パソコンも明るい方が良いんじゃないの?」と思うかもしれません。
ですがパソコンの場合は、テレビよりもブルーライトが多く発光されているので少し状況が違ってきます。

さらに画面自体が発光しているため、部屋は薄暗い方が見やすく目を疲れにくくします。

それにより目のかすみの予防をできるというわけです。

 

4.モニターの角度を変える

多くの方はモニターを真正面に向けている人がいるかもしれませんが、これが原因で疲れ目からの目のかすみを感じることがあります。

そのためにはモニターを約15度を後方に傾けると良いでしょう。
つまり画面の下の部分が若干上を向く設定ということですね。

こうすることで、疲れ目からの目のかすみを予防することができます。

 

5.目とパソコンを約40cm離す

集中すると目とパソコンの距離が近くなってしまいがちですが、目とパソコンの適正距離は約30cm~40cmです。
画面と目が近すぎると目の筋肉が異常に緊張してしまい、目が疲れてしまいますのでかすみ目を感じる原因となります。

 

6.姿勢を正す

パソコンやスマホを構っている時はどうしても前かがみになってしまい、同じ姿勢を続けてしまいます。

実は目の周りと肩と周りの一部の神経はつながっています。
同じ姿勢をとっていると首こりや肩こりを引き起こしてしまい、神経をたどってかすみ目を引き起こします。

なので姿勢を正しておくとかすみ目の予防になるのです。

 

眼鏡やコンタクトレンズを使用している方

コンタクトレンズを使用していると、目のかすみの原因にもなります。

ここではメガネやコンタクトレンズの使用による目のかすみの予防法4つをご紹介します。

 

1.角膜保護のためにコンタクトレンズではなくメガネを使用する

コンタクトレンズの使用によって目のかすみが起きてしまう理由としては、角膜を傷付けていると言うことが挙げられます。

注意

コンタクトレンズを使用している以上、どれだけ気を付けていたとしても角膜は傷ついてしまいます。
それによって目のかすみの原因となります。

ですから、角膜を保護する一番の方法としてはできる限りコンタクトレンズを使わず眼鏡を使用するということです。

在宅中もわざわざコンタクトレンズを付けていませんか?
眼鏡を使用すれば角膜を傷つけることはありません。

補足
コンタクトレンズを使用しなければならない場合は、角膜保護成分の入っている目薬を使うことでできる限りのケアをすることができます。

 

2.コンタクトレンズの使用時間を短く

コンタクトレンズの連続使用時間は約12時間です。

それ以上のコンタクトレンズの使用は目のかすみや乾燥、角膜を傷つける原因となります。

 

3.コンタクトレンズの汚れ

コンタクトレンズを使用していると、レンズが汚れて目の前が濁ったように見えます。
それにより目の前が霞んだように見えてしまうのです。

その際は、コンタクトレンズを取り外して洗浄してあげると目の前のかすみが改善します。

 

4.眼鏡の度数は合ってる?

眼鏡を使用すればかすみ目は起こらないわけではありません。
眼鏡の度数が合ってないと、眼鏡を使用しても目のかすみが起きてしまうことがあります。

度がキツイ場合

必要以上に度数が強ければ、目の筋肉を強制的にキュッと収縮させてしまっているので、目の疲れを引き起こしますし、余計に目の筋肉を緊張させてしまいます。
それによりピントが合わなくなってしまい、目がかすんでしまう現象が起きてしまうのです。

私はメガネ派でコンタクトレンズを使用していないから大丈夫。」などと思わずに一度メガネの度数の確認をしてみてください。

 

紫外線のカットは目のかすみの予防につながる?

目に対する紫外線の害の有無に関しては諸説あります。

紫外線と目に関する実験の一例

例えば、紫外線を含む中で生活している人は、カルシウムの摂取量が15%増加。
逆に紫外線を含まない生活をしている人はカルシウムの摂取量は24%減少したという、データがあります。

ビタミン D はカルシウムやミネラルなどを吸収することに必要な栄養素です。紫外線を浴びることでカルシウムの吸収率が伸びたと言うことは、紫外線はビタミンDの合成を促進すると説明することができます。

参照:中川和宏著-パソコンスマホの疲れ目視力低下驚異の回復法

もちろんこれは適度な紫外線の話です。
何事も過度はよくありません。

強すぎる紫外線もまた同じことがいえます。
日中強すぎる日差しの場合は、サングラスなどで紫外線を調節しましょう。

 

ストレスをためすぎないように気分転換を

ストレスは自律神経の乱れを引き起こします。
自律神経が乱れると、目の表面の潤いが失われ、かすみ目を引き起こします。
さらには目の表面が乾燥しているため、眼球を傷付けてしまう原因にもなります。

社会人であれば仕事を休むわけにはいきません。
ですので「ストレスを溜めるな」というほうが無理な話ですが、適度に気分転換をすることで心にかかる負担は軽減されるはずです。

それにより目のかすみを予防することができるのです。

 

目薬も効果的

目のかすみの原因の1つとしては目の乾燥が挙げられます。

注意

通常、涙で目の乾燥を予防することができますが、職場等で常にエアコンがかかっていて空気が乾燥しがちな場所にいる場合は、涙だけでは目の潤いを補いきれません。

そのような場合は乾燥による目のかすみを防ぐために、潤い成分たっぷりの目薬を使用すると良いです。

ただし目薬を使用する際にも注意があります。

目薬を使用する際の注意点

かすみ目予防の目薬は「潤い成分のみ配合されている目薬」を使用してください。

つまり充血を治すことはあまり目にとって良いことではないからです。

なぜ目は充血するのか?

例えば疲れ目から目の充血を招き、そこから目のかすみに発展してしまうことがあります。
なぜ目の充血が起こっているのかと言うと、目を酷使した事により栄養が不足してしまい、一生懸命血を送り込んでいるので目が赤く見えるのです。

その充血を抑えてしまうと目に十分に血液を送ることができなくなってしまい、さらに目が疲れてしまい、目のかすみがひどくなってしまうからです。

※結膜炎などの充血は別問題です。

ですので目薬を使用する際は、充血を抑える成分が入っていないものを選び、目薬をさして眼を閉じて休憩することが一番の目のかすみの予防になります。

 

かすみ目に良い栄養を摂取

疲れ目は目のかすみの最大の原因です。

疲れ目を予防することで、必然的に目のかすみを予防することができます。

ここでは目のかすみを予防する栄養について解説します。

ビタミンA

ビタミンAは夜の視界を補助してくれる栄養素です。
夜になると急に目のかすんで見にくい。と言う方はビタミンAを積極的に取ることをおすすめします。

アントシアニン

アントシアニンはなぜ疲れ目に効果的なのか?」でも解説しているように、アントシアニンを摂取することで効果的に疲れ目をケアすることができます。
その理由は、アントシアニンは物を見るときに必要な成分ロドプシンの再結合を促すからです。

疲れ目と目のかすみの対策として、毎日アントシアニンを摂っておくのが好ましいといえます。

ルテイン

ルテインは緑黄色野菜に多く含まれています。

ルテインは天然のサングラスとも言われているほど目をガードする役割を担ってくれる成分です。
特にパソコンから発生するブルーライトをカットしてくれますので、目の保護に重要な成分。

ゼアキサンチン

ゼアキサンチンはルテインを同時にとることで、目のバリア機能の相乗効果を期待することができます。

アスタキサンチン

鮭やエビカニなどに多く含まれている成分。
ブルーライトで目の細胞を傷付けてしまった際に発生する活性酸素を除去してくれます。

DHA

網膜を形成する成分の約半分はDHAです。

DHA を効果的に摂ることで、網膜の健康を保つことにつながり、効率的に物を見ることを維持することができます。

 

目のかすみの予防を効果的に行う方法

上記では目のかすみの予防につながる成分を解説しましたが、その中でも一番効果的な成分は

アントシアニンとルテインです。
白内障や緑内障などの眼病以外で目がかすむ理由は、疲れ目から始まっていることが一番多いのです。

  • アントシアニンを摂取し疲れ目を回復
  • ルテインを摂取し目を保護

たったのこれだけで簡単にかすみ目の予防を行うことができます。
特にスマホやパソコンを毎日構っている方におすすめの成分です。

  • 何だか夜の視界が悪いな
  • 日中まぶしく感じる
  • すぐに目がショボショボしてくる

これらはすべてアントシアニンやルテインが足りておらず、目に悪影響が出てしまっている状態です。

アントシアニンはブルーベリー、ルテインは緑黄色野菜に多く含まれていますが、毎日ブルーベリーや野菜を食べるのは困難なはずです。

ここ注目!

そんな時にはビルベリーサプリがおすすめです。

ビルベリーはブルーベリーよりもアントシアニンを4倍以上多く含んでいる果物です。
ビルベリーサプリには例外なく「目を保護する成分ルテインを同時に含んでいる」ことが特徴的です。

次のページでは今人気のビルベリーサプリをランキング形式で紹介しますのでぜひご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です