疲れ目の原因と根拠に基づいた解消法!目の疲れが取れない方はまずコチラ

疲れ目の原因と根拠に基づいた解消法

※最終更新日2017年09月06日

いつまでたっても取れない目の疲れは、しっかりと原因を知らない限りいつまでたっても直すことはできません。

あなたの目の疲れが取れない原因を知ることで、初めて目の疲れを解消させることができます。

この記事では目の疲れの原因と解消法を詳しく解説しています。

 

疲れ目が取れない原因5つ

1つ目 左右の視力のバランスが悪い

視力のバランスが悪いということはつまり、左右の視力にばらつきがあるということです。

左目は0.5だけれども右眼は0.01以下という左右の視力にばらつきがある場合は、疲れ目を引き起こしやすくなります。

コンタクトレンズを片方だけ落としてしまった経験がある方はわかるかもしれませんが、前がに見え辛くなり、さらには頭が痛くなってしまうなどといったことはありませんでしたか?

左右の視力のバランスが違うということは、通常時でもこのような現象が起こっているのです。

左右均等に物を見ようと目が頑張ってしまうので余計に目は疲れてしまいます。このことから左右の視力のバランスが悪いと疲れ目の原因になるといえます。

 

2つ目 斜視は疲れ目になりやすい

斜視の方は、比較的疲れ目を引き起こしやすい傾向にあります。

その理由としては、通常まっすぐ前を向いていますが、斜視の場合は外側を向いています。

目の前の物を見ようとする際に外側を向いている目を内側へ向けようと筋肉が働いてしまうため、余計に目が疲れてしまう原因となります。

 

3つ目 パソコン画面の見すぎ

パソコンの画面から出るブルーライトは目にとって重要な部分である網膜にダメージを負わせてしまうほか、まばたきの減少により、涙が蒸発してしまい潤いを失ってしまいます。

さらに、パソコンの画面やスマホの画面は、視点を著しく動かすため目の筋肉も疲れさせてしまいます

これらのことが原因となって、パソコンやスマホの画面を長時間見ている方は疲れ目を引き起こしやすいと言えるでしょう。

 

4つ目 近視や遠視などの方

近視や遠視などの症状を抱えている方は、ピント調節機能が衰えているので、健康な目の方よりもピント機能を沢山働かせなければピントを合わすことができません。

ピント合わせの作業は毛様体筋という部位が行っているので、近視や遠視の方はこの部分を酷使してしまっていることになります。

毛様体筋という筋肉を酷使してしまっているということは、必然的に疲れ目につながります。

 

5つ目 コンタクトレンズや眼鏡の度数が合っていない

コンタクトレンズや眼鏡の度数が合っていない方も疲れ目を引き起こしやすい傾向にあります。

これは先程説明した近視や遠視などの方の理由に似ていて、眼鏡やコンタクトレンズを使用しているということは強制的にちょうど良いピントに合わせてくれているということです。

度数が強すぎれば目の筋肉は強制的に不自然な緊張状態になっていますし、度数が弱いと眼鏡をかけていない時の視力と変わらないため自力でピントを合わせにいかなければなりません。

ピントが合っていないということはいずれも、目の筋肉を無駄に収縮させていることになっていますので、目の疲れにつながっています。

 

眼鏡やコンタクトレンズによる疲れ目の原因を解消する方法

コンタクトレンズや眼鏡の度数が合わないのであれば、眼鏡屋さんに行って視力を再度計測し自分に合った眼鏡を作ることで簡単に解決することができます。

今まさにコンタクトレンズや眼鏡をかけている方は、自分のメガネの度数をチェックしてみてください。

もちろん、左右の視力のバランスが悪い方も、眼科や眼鏡屋さんであなたに合った眼鏡やコンタクトレンズを提案してくれるので、簡単に解決をすることができます。

 

パソコンの使い過ぎが原因の目の疲れを解消する方法

一番やっかいなのがパソコン画面をよく見る方です。

 

パソコンの画面をよく見る方の疲れ目は、眼鏡やコンタクトレンズの調整といった外的要因で解決できるような問題ではありません。

先程も説明しましたが、パソコンの画面からは網膜を傷付けてしまうが発生していますし、激しく視点を動かしてしまうことや、眼を使い続けてしまうため、なかなか目の疲れを回復させることができません。

つまり、毎日毎日パソコンの画面やスマホを見ている人は、どれだけ休息を取ろうがホットアイマスクで眼をケアしようがダメージが上回ってしまい、疲れ目を回復させることはできません。

それに加え、物を見続けるということは、効率的に脳に映像を送ってくれるロドプシンという成分を消費してしまいます。

 

さらにはパソコンの画面を見続けているとVDT症候群になってしまう可能性もあります

VDT症候群とは?その他症状などについてはコチラ

 

ロドプシンが減少してしまうと、疲れ目につながってしまいます。

 

パソコンやスマホを毎日構っている方が疲れ目を回復させたいのであれば、ロドプシンを増やすことから始めなければなりません。

ロドプシンが減少した状態でどれだけ眼を休めようとも意味が無いということです。

 

ロドプシンを効果的に増やすにはアントシアニンが重要です。

つまりアントシアニンを摂取することでロドプシンの増やすことができ、疲れ目を回復させることができます。

 

重要なポイント

アントシアニンを効果的に摂るには、ビルベリーサプリメントがおすすめです。

ブルーベリーが目に良いということを聞いたことがあるかもしれませんが、それはアントシアニンの効果があるからです。

ブルーベリーよりも4倍以上も多くアントシアニンを含んでいるのがビルベリーです。

 

ですのでパソコンをよく見る方はビルベリーサプリを毎日飲むことをおすすめします。

当サイトでおすすめしているビルベリーサプリメントは疲れ目を回復させてくれるアントシアニンだけではなく、パソコンから発生するブルーライトをカットするルテインも豊富に含んでいるものもありますので一度ご検討ください。

 

ロドプシンを増やすアントシアニンを豊富に含んだビルベリーサプリメントを検討したい方はこちら

おすすめのビルベリーサプリランキング

 

ロドプシンとアントシアニンの関係性について知りたい方はこちら

アントシアニンとロドプシンが疲れ目に効果的な理由

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です